アンテナ工事は必要?

地デジ化が進み多くの家庭では地デジの電波を受信するアンテナを購入したことでしょう。アンテナはアナログのころからも使用しているものでなじみがあるという人もいいでしょう。購入したアンテナは自分でも取り付けることが可能ですが、専門の業者に依頼する人の方が多いです。アンテナを安く購入したとしても、実際にアンテナを取りつけなくてはテレビを見ることができません。屋根に固定するために穴をあける必要もあり、素人で行うことが大変です。

ただしアンテナの取り付けは屋根に上るなど危険な作業です。さらに向きなども考えて設置しなくてはいけません。新しく屋根に穴をあける可能性もあり。屋根に傷をつけてしまうことがあります。最小限にしなくてはそこから雨漏りなど水のトラブルを抱えてしまう可能性もあります。アンテナ工事は設置費用がどうしても高くなってしまうため、自分で取り付けようとしてしまう人も多いです。費用としては2万から3万円ほどかかることが多いですが、安全で安心してテレビを楽しむことができます。

また専門家でなければ発見できなかった各家庭の問題点などもあります。例えばテレビを使用する箇所が多い場合は受信した電波を分ける分配器が必要になります。さらに受信する電波が弱い場合は、ブースターをアンテナに取り付けることで感受性を高めて受信する電波を強めることができます。このような判断は専門家なければ行うことができないため、依頼する方がおすすめだといえます。