どこに依頼する?

地デジアンテナを購入した場合、その場でアンテナ工事の申し込みをする人も多いでしょう。アンテナ工事は自分でおこなう人もいればそうでない人もいます。屋根に取り付けるタイプの地デジアンテナは屋根に上って穴をあけて固定する必要があり自分でおこなうことは危険だと判断する人が多いです。これに対して室内に置くアンテナに関しては、アンテナの置く場所の確保さえできれば、設置費用などは全く掛かりません。そのため設置費用を浮かすために室内アンテナを購入する人もいます。

ただしアンテナの設置には、テレビをきれいに見るために正しく設置する必要があります。屋外のアンテナは雨や風の影響も受けやすいため、しっかりと固定しなければ受信が不安定になり、アンテナの損傷にもつながります。そのためアンテナ工事は専門の業者に依頼するのが一番です。

大型の家電量販店などで購入した場合は、アンテナ工事は下請けに任せている可能性が高いです。そのため仲介料なども含まれているため決して安いとは言い切れません。地元の工務店などに依頼するもしくはアンテナ工事専門店に依頼するのがおすすめです。専門業者の場合は、5年間ぐらいの長期保証がついているばあいもあり、工事の後に何かあってもすぐに直してもらうことができます。

アンテナ工事の費用

地デジアンテナを購入する際に一緒に勧められるのがアンテナ工事です。アンテナ工事とは地デジアンテナがしっかり受信できるように一番適した場所に設置することをさします。設置場所に関しては、外観にも大きな影響を与えるため、ある程度の位置の調整を行うことができます。

どうしてもアンテナが目立ちすぎるのが気になるという人は、デザインアンテナを選択するのがおすすめです。デザインアンテナは箱型になっていて、壁などに取り付けることができるのが特徴です。見た目もスマートで、壁の色にある程度誓い色目も選ぶことができます。外観にも大きな影響を与えないため新築の家庭で選ばれていることが多いです。

どちらのアンテナでも設置には自分で行うもしくは専門業者にいらいするかどちらかになります。アンテナ工事費の平均価格が1万5千円から2万5千円ぐらいと本体よりも高くなることが多いです。アンテナ工事は屋根に固定するために穴を上げる必要があり、自分で行うと雨漏りの原因につながります。また必要な分配数を確保するための分配器の設置電波の感受性を高めるブースターの設置が必要なのかどうかの判断も一緒に行ってもらうことができます。自分では判断しきれないことや正確な受信のためにもアンテナ工事は行ってもらうことがおすすめです。

アンテナ工事は必要?

地デジ化が進み多くの家庭では地デジの電波を受信するアンテナを購入したことでしょう。アンテナはアナログのころからも使用しているものでなじみがあるという人もいいでしょう。購入したアンテナは自分でも取り付けることが可能ですが、専門の業者に依頼する人の方が多いです。アンテナを安く購入したとしても、実際にアンテナを取りつけなくてはテレビを見ることができません。屋根に固定するために穴をあける必要もあり、素人で行うことが大変です。

ただしアンテナの取り付けは屋根に上るなど危険な作業です。さらに向きなども考えて設置しなくてはいけません。新しく屋根に穴をあける可能性もあり。屋根に傷をつけてしまうことがあります。最小限にしなくてはそこから雨漏りなど水のトラブルを抱えてしまう可能性もあります。アンテナ工事は設置費用がどうしても高くなってしまうため、自分で取り付けようとしてしまう人も多いです。費用としては2万から3万円ほどかかることが多いですが、安全で安心してテレビを楽しむことができます。

また専門家でなければ発見できなかった各家庭の問題点などもあります。例えばテレビを使用する箇所が多い場合は受信した電波を分ける分配器が必要になります。さらに受信する電波が弱い場合は、ブースターをアンテナに取り付けることで感受性を高めて受信する電波を強めることができます。このような判断は専門家なければ行うことができないため、依頼する方がおすすめだといえます。